マザーズのたまご
MOTHER'S EGG

個性いろいろ、産みたてたまご。

産みたてを毎日揃えているから、マザーズのたまごは新鮮!濃厚な味わい、プリッとした張りのある黄身が自慢です。お店の一番人気の「赤たまご」、お菓子の材料として最適な「さくら色たまご」、エサに亜麻仁の油を使った「亜麻仁たまご」、平飼い有精卵、小さいサイズのベビーたまごなど、さまざまな種類のたまごが充実ラインアップ。一般の小売店では取り扱っていない種類も豊富にあり、異なる味わいや風味を食べ比べたり、お好みやお料理に合わせてお選びいただけます。

たまごの種類

赤たまご
AKA-TAMAGO

当店の一番人気、殻の色が褐色のたまご。殻の色と同じく褐色の羽を持つ純国産の鶏種「ゴトウもみじ」を中心に赤玉鶏種から産まれます。

さくら色たまご
SAKURAIRO-TAMAGO

殻はきれいなピンク色、純国産鶏種「ゴトウさくら」を中心にピンク玉鶏種から産まれます。普通のたまごより黄身がややおおきいのが特徴。当店イチオシのたまごです。

平飼い亜麻仁たまご
(赤&さくら色)
HIRAGAI-AMANI-TAMAGO

エサに亜麻仁油を加え、αリノレン酸、ビタミンE、リグナン、食物繊維を多く含む健康たまごに。欧米ではポピュラーな存在で、日本でも注目される亜麻仁を使用した、当社のオリジナルブランドです。

平飼い有精卵
HANASHIGAI-YUSEIRAN

雌鶏と雄鶏を一緒に飼育することで産まれる有精卵。ドイツメーカーによる放し飼いシステムを導入し、EUの動物福祉ルールを基準にしたフリーレンジ方式で育てています。夏場は鮮度劣化が早く、お早めにお召し上がりください。

ベビーたまご
BABY-TAMAGO

スーパーなどの小売店ではめったに販売されないSサイズのたまご。お弁当用のゆでたまご、トッピング用の温玉、おでんなどの煮物に最適です。小ささを活かして、さまざまな料理にご利用ください。

初産み新子たまご
SHINKO-TAMAGO

産卵を始めたばかりの若いニワトリから産まれる初産み新子たまごは、初物=縁起物として大人気。期間限定の貴重なたまごですので、目にしたらぜひお買い求めください。

双子たまご(白老店限定)
FUTAGO-TAMAGO

黄身が2つ入った珍しいたまごは、産卵数が少ないため数量限定販売。通常よりやや細長の楕円形で、熟練のスタッフが形状を見分けて選別します。

たまごのギフト

イベントやコンペの景品等に
マザーズの新鮮たまごはいかがでしょうか?

  • 毎日のたまご
    20個入
    800
  • 亜麻仁たまご
    20個入
    960
  • たまご30個入
    1,050
  • たまご40個入
    1,400
  • たまご60個入
    2,100
  • たまご90個入
    3,150
  • たまご160個入
    5,300

たまごの殻の色はお選びいただけます。

商品お渡し方法は、お客様による引取り、当社配達、業者による配達などがございます。
別途、料金、手数料、資材代を申し受ける場合もございます。まずは、是非一度ご相談ください。

詳しくはお近くの店舗にお問い合わせください。

たまご Q and Aみんなのたまごの疑問にマザーズがお答えします!

たまごの賞味期限ってどのくらいなの?
お買い求めいただいたたまごは、冷蔵庫(10℃以下)で保存してください。生たまごでの賞味期限はおよそ14日です。賞味期限後は、充分加熱調理してください。また、万一ヒビなどのたまごがありましたら充分加熱調理の上、お召し上がりください。
時々白身が薄く濁っているけど食べても大丈夫なの?
大丈夫です。産みたての新鮮なたまごの卵白には炭酸ガスが多く含まれているため白っぽく濁って見えることがあります。時間の経過とともに卵殻にある気孔と呼ばれる小さな穴からガスが抜け、透明な白身に変化します。
ゆで卵を剥きやすくする方法は?
新鮮なたまごをゆで卵にすると殻が剥きにくくて困ることがあります。これは白身に含まれる炭酸ガスが卵殻を内側から圧迫して、うす皮と卵殻を密着させているからです。室温で2日程度、冷蔵で1週間程度経ってからゆでると剥きやすくなります。 どうしてもお急ぎの場合は、たまごの鈍端部(まるい方)に針などで穴をあけてからゆでる方法もあります。
黄身の横に時々血みたいなものがくっついていますが食べても大丈夫?

「ミートスポット」や「肉斑」と呼ばれるものです。殻の色が褐色系の卵に多くみられるものです。卵殻色素と同一性質であるといわれ、食べても全く問題ありません。
白いひもみたいなものは食べない方がいいの?

「カラザ」とよばれるものです。カラザには黄身を中央に保つためのハンモックのような役目があります。主成分はタンパク質で、ウイルス感染予防や学習能力を向上させる「シアル酸」を多く含んでいるため、そのまま食べたほうが良いといえます。
鶏にも性格ってあるの?
褐色の卵を産む鶏は人なつっこくすぐに近寄ってきます。エサをたくさん食べるという特徴もあります。ピンク色の卵を産む鶏はあまり人馴れしませんがたまごを産むことにかけてはとても優秀です。白老店にある『にわとり館』では冬期間以外、こうしたにわとりたちの習性の違いを一般のお客様にもご覧いただいております。 是非遊びにいらしてください。